子どもならではの“上昇気流”(2018.5.21 ブログ)

今日の悠真塾は、4年生のT君と小1の娘の2人。

2年前の夏に、神楽坂ゆる体操教室の「ゆる体操小学生」クラスを開講した時以来、ずっと「ゆる体操」を気に入り、教室に通ってくれているT君。

子どもの成長は早いもので、月1~2回参加のT君には、毎回教室で会うたびに「大きくなったね・・・」と声をかけたくなる感じでしたが、今春4年生になってからは、その成長度合いが更に増しているように思われ、

本日「立ちゆる」を指導していても、軸がしっかりと育ち始めている様子が感じられました。

児童教育の現場でよく「10歳の壁」という言葉が使われる通り、この年代は子どもが心身ともに大きく変化する時期ですが、そこに、ゆる体操を通しての「仕込み」が効いて、とても良い方向に伸びて行っているようです。

この変わり方にピンとくるものがあり、思わず

「最近、運動が得意になったりしてない?」

と私が聞くと、T君は

「・・・そう言えばこの間、運動会(の徒競走)で一番になった。」

と教えてくれました。

これまで、運動会の徒競走では6人で走って6位か5位だったものが、今回はじめて、そしていきなり1位になった、ということです。

勿論、その要因は様々かと思いますが、その結果は偶然か必然か、私が教室で感じた「本質的な変化」と合致していました。

一般の会員の方の指導でも、「目覚ましい上達」を目にして感動することがしばしばありますが、
子どもには大人にない、成長期ゆえの「上昇気流」があり、そこに良質なトレーニングによる効果が乗った時、人間の可能性の常識を打ち破るような、すさまじい「成長」を目にすることになるのだろうと思います。

今日はそんな、「子どもならではの上昇気流+ゆる体操の効果」が生み出す「成長」の一端に触れ、これからの指導が益々楽しみになりました。

関連記事

  1. 「伝えるチカラ」を育てる”ゆる音読”(2018.5.2 ブロ…

  2. 「マジ勉」と「ラク勉」(2018.4.27 ブログ)

  3. 神楽坂悠真塾かぐらざかゆうしんじゅく

    かけっこの前は「腿ゆったり」(2018.6.6 ブログ)

  4. 今日の「ゆるスタディ」(2018.4.10 ブログ)

  5. 「正解を求める人」と「真実を求める人」(2018.4.12 …

  6. 悠真塾学級文庫 (2018.4.4ブログ)

神楽坂悠真塾

ゆる体操

〒162-0815

東京都新宿区筑土八幡町2-5梅野産業ビル2F

TEL 03-3266-8812

<アクセス>
・JR総武線 飯田橋駅 東口より 徒歩8分
・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線 飯田橋駅 B1出口より 徒歩6分
・都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅 C1出口より 徒歩4分
・東京メトロ東西線 神楽坂駅 1番出口より 徒歩6分
・都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口より 徒歩5分

 

本校代表が指導する「ゆる体操教室」
神楽坂ゆる体操教室
聖蹟桜ヶ丘ゆる体操教室
読売日本テレビ文化センター錦糸町
十字屋カルチャーセンター多摩センター

 

本校代表のブログ
神楽坂ゆる体操教室/神楽坂悠真塾 代表 坪山佳史

悠真塾で勉強中

悠真塾の看板

悠真塾スタディタイム